教育理念

HOME > 教育理念

人 文学科では、人文学の知を新たに統合して学ぶために,人文学の専門知を学修し,それを実社会における実践力へと高めることをめざしています。既存の知識を 机上のものにとどめることなく現実に使える知識として組み替えることによって,21世紀の社会に柔軟に対応しかつ貢献できる人材を育成します。

ディプロマ・ポリシー

<知識・理解>
1.豊かな人間性と社会性とを支える広い教養を身につけている。
2.人文諸学の学問内容および方法を理解している。
<思考・判断>
3.自ら設定した課題について、人間文化・地域文化・歴史文化・言語文化のいずれかの学問領域の研究方法を用いて、考察することができる。
<関心・意欲>
4.人文学の知を実践の力へと高めることができる。
5.社会における自分の役割を自覚することができる。
<態度>
6.人文学の知をもって地域社会および国際社会のニーズに応えることができる。
7.生きた文化や生きた社会を創ることに寄与できる。
<技能・表現>
8.他者の声に耳を傾け、自分の考えを口頭表現や文章表現によって的確に伝えることができる。


アドミッション・ポリシー
 

<知識・理解>
1.高等学校で学習する国語,外国語,地理 歴史,公民,数学,理科などについて,高等学校卒業相当の知識を有している。
<思考・判断>
2.物事を多面的に考察し,自分の考えをまとめることができる。
<関心・意欲・態度>
3.言語・文化・文学・歴史・人間・思想・地域・社会などに興味関心を持ち,それを大学における勉学を通じて追求したいと考えてい る。
<技能・表現>
4.所与の問題について,自分の考えを日本語でわかりやすく表現できる。



教育課程評価(カリキュラム・アセスメント)

ディプロマ・ポリシー(DP)のも と、カリキュラムが適当なものかどうかを検証するため、毎年一定の時期に卒業時アンケー ト、卒業論文、FD懇談会(キャンパスライフ談話会)、授業評価アンケート、授業改善レポート、授業計画(シラバス)の内容点検の6つの教育課程評価をお こない、カリキュラムの改善に努める。